Mac mini(2014)をパワーアップするぞ〜準備編〜

投稿者: | 11/23/2018

表題の通り、Mac mini(2014)をパワーアップしようと思ってます。先日、新型Mac miniが発売になりましたね。miniじゃないくらいパワフルなマシンになって帰ってきましたが、自宅のマシンももう少し頑張ってもらおうと思いパワーアップしてみようと計画中です。

僕のMac miniは8GBメモリで1TBのHDDモデルです。購入当初は良かったのですが、ここ最近何をやるにしてもビーチボールカーソルが回り始め、イライラする日々。何もする気すら起きませんでした。

Diskのベンチマークはこんな感じ。普段仕事ではSSDなのでこの遅さはもう耐えられない。このMac miniは、CPUやメモリはオンボードなので、できることといえば、HDDをSSDにすることくらい。そこで、ネットの記事を見ていたら、

  1. HDDをSSDに置き換える
  2. HDD+SSDにする
  3. HDD+SSDでFusion Driveにする

という選択肢があるようです。

1をやるには、HDDを取り出すのは結構大変そうですし、SATAなので、どうせならPCIeで接続できる、3のFusion Drive化をしてみようと思います。

参考にさせていただいたサイト

というわけで、まずはパーツを買いあさります。パワーアップが残念な結果になってもいいように基本的にできるだけコスト抑えて揃えていきます。

それから、今回のMac miniはHDDモデルのため、SSDを接続するためのケーブルがありません。

  • SSD PCI-E Flex Cable
    • 純正や並行輸入品もありますが、割と値段するのでamazonで2100円で購入。

最後に、SSDです。容量は迷いました。500GBくらいあればFusionにせずともメインでいけるかなーとか、と思ったのですが、iMacのFusionDriveのSSD容量がすごく小さいと聞いたので、250GBもあれば十分かなと。

  • SAMSUNG SSD 250GB
    • 1万円未満で購入できました。amazonだと9,980円です。

あと、作業が終わってから気づいたのですが、SSDを固定するためのネジが必要で、追加で注文しました。

以上で、部品は揃いましたので、次回はいよいよセットアップします。

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です