iPhoneの開発環境を構築する

投稿者: | 10/01/2007

以下、簡単になった開発キットのインストール手順です。

1. iPhoneシステムファイルをダウンロードする
iPhone software restore file(91.2MB)
2. 694-5262-39.dmgの暗号を解除し、マウントする。
3. /usr/local/arm-apple-darwin/heavenlyフォルダを作成する。
4. マウントされたディスクの中身をheavenlyフォルダにコピーする。(Finderでうまく行かなかったのでPathFinderを使いました。)
5. クロスコンパイル環境を作る!

CPUが違うので、iPhone用ARMプロセッサクロスコンパイラをまずは作る必要があり、Toolchain
Projectってのが進行中。gccをはじめとした、必要なバイナリツールがそろっていて、自分でコンパイルも出来るけど、バイナリをダウンロードする
のが簡単。
iPhoneToolchainv05.dmg(51.5MB)

6. マウントされたディスクにあるiPhoneToolchainを起動し、インストールを行なう。
7. 最後にマウントされたディスクにあるOoo Shiny!!を起動する。

さて、まずはHello World!からだ!
http://iphone.fiveforty.net/wiki/index.php/UIKit_Hello_World

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です