Apple新製品出ました

投稿者: | 10/23/2013

10/22に発表された新製品イベント映像が出ています。

http://www.apple.com/apple-events/october-2013/

発表されたのは、

ハードウェアが

  • iPad mini
  • iPad Air
  • MacBook Pro 15インチ、13インチ
  • Mac Pro

    の四つ。
    ソフトウェアが、

  • Mac OS X Mavericks
  • iWorkなどアプリ

    では、一つ一つ見ていこう。

  • iPad mini
    ようやくでました。Retinaディスプレイになり解像度があがりました。また、CPUがA7となり、処理速度がアップしてます。特にディスプレイは最初からこのスペックで出して欲しかったという声が高かったですからね。iPad miniにはTouch ID、指紋認証付けて欲しかった。デザインが同じだったので旧機種ユーザーとしては一安心。

  • iPad Air
    解像度はそのままですが、より軽くなり薄くなりCPUもアップしたのでiPad2とかiPad3の人にはよいかもしれませんね。たまにiPad持つ時があってズッシリ!って感じるのですよね。今回の軽量化は良さげです。

    それから国内利用ではあまり問題はありませんでしたが、今回は両iPadともにSIMフリーだそうです。これでMVNOの回線で格安使うと言ったことができますね。

  • MacBook Pro
    こちらはデザイン変わらず中身が更新されてます。CPUも13インチはIntelのHaswellを搭載しよりバッテリ利用時間が延びてます。15インチは同じくIntelですがこちらはクワッドコアですのでよりパワーが欲しい人にはお勧めです。僕も会社で使ってるのは15インチの初代Retinaです。MacBook AirのRetinaはまだみたい。

    最後に

  • Mac OS X Mavericks
    ですが、なんと無料!Finderにタグが付いたり、複数モニタでのフルスクリーンや、便利なのが満載なはずですが、MountainLionの機能を充実してきた感じです。この間プレゼンをする際、thunderboldでモニタをだしてHDMIでも出して三画面とかやって見ました。スクリーンと足元のモニタ、液晶とそれぞれ出したかったんですがその時はkeynoteがうまくミラーリングをコントロールできなくてなくなく諦めました。

    それにしても相当コストはかかるだろうし、iWorkなんかも無料でしょ、一体どこで利益取るか、やはりハードウェアなんでしょうか。使いやすいソフトウエアを無料にし、そのソフトウエアが動くハードウェアを売る。まあ、Appleのハードしか動かないので一生懸命ソフトを売らなくてもいいのかもしれません。2007年頃のMacもサポートするらしいですが、定期的に買い替え必須になりそう。

  • アプリ
    こちらも無料攻勢が激しいです。PagesなんかはiCloudを介して共有で編集できる機能があったり複数人で作業するときにはいいかも。アプリはほかありますがきっと詳しい人が書いてると思うのでこのへんで。

    毎回発表があるたびに今回は何か買うのかい?ときかれるので、、。個人的にはminiが惹かれますが一台持ってるのでハードは見送り。11インチのRetina Airをもうしばらく待ちます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です