NuEdit 〜iCloud時代のテキストエディタ〜


「NuEdit」

僕の中では思い出深いアプリケーションの名前です。作ろう作ろうと思ってはいたのですが、やっと形に出来ました。

AppStore(無料): https://itunes.apple.com/jp/app/nuedit/id717200294?mt=8

NuEditCapture1

当時はCyberdogというメールソフトのリッチテキスト用に作り始めたのがきっかけでした。そのため、グラデーションやらマルチスタイルやら派手な機能をメインに実装をしていました。その後のバージョンアップを重ね、MacOS Xに移行する際にPowerPlantで書き直し、その後中途半端なバージョンになってそのままになってしまいました。CodeWarrior懐かしいなあ。

そんな中iPhoneが登場してからはメインの開発プラットフォームをiPhoneばかり。それでもいつかは作り直したいと思っていたので、ようやく形にでき嬉しく思ってます。ただし、残念ながらリッチテキストは実現していませんけどね。つまり名前だけ同じで全く違うアプリですってこと。

ファーストバージョンということも有りシンプルな機能に絞っています。

NuEditCapture2

主な機能

  • できるだけ無料でやってみます(AdMob貼ってます)
  • まずiPad版からリリースします(Universalで作ってますがあえてiPadからにしています)
  • iCloud対応(というか必須です。内部的には切り替えできるようにしていますのでどこかで通常タイプをサポートするかも)
  • 多くの文字コードに対応しています。読み込み時は自動判別、保存時に変更可能
  • バイト数やファイルの作成日、更新日など表示
  • UIDocumentInteractionControllerに対応し外部アプリケーションと連携
  • 人気アプリTextExpanderに対応。インラインで補完機能を実現できます

NuEditCapture3

多分、バグとかありそうだし、機能も増やしていきたいし、リリースされたらぜひフィードバックをおねがいします。

iCloud対応ということですが、Mac版はまだありません。作りたいのはやまやまですが、なかなか手がまわらないので当分無理かなあ。ただ、Finderで下記にアクセスするとファイルが見れますので、テキストエディタで編集をすることで、同期が可能です。ぜひお試し下さい。

/Users/[ユーザー]/Library/Mobile Documents/8K85FYAQ52~net~misawa~NuEdit/Documents

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です