Dropboxに保存したファイルをServersManで持ち歩く

投稿者: | 03/03/2010

ServersManとは、フリービットがリリースしているプロダクトで、iPhoneやAndroid、WindowsMobileの他にネットワークにつなげて利用するHDDなどいろいろなデバイスで利用できるソフトウェアです。

AppBankが素晴らしいレビューをしているので、詳しくはそっちをみてもらうとして、便利な使い方を紹介したいと思います。

最近Dropboxが人気で、僕も便利に使っています。

サーバーにファイルをおいておくと、さまざまなデバイスから参照できるので、個人的な作業ファイルはDropboxにおいています。一方、ServersManはいろいろなファイルを開くこともできますし、Webとして公開することもできます。また手元にファイルがあるため、オフラインでも開くことができます。

と、DropboxもServersManもあちら側、こちら側とに分けられるかもしれません。それぞれメリットがあります。

普段はDropboxに置いているファイルもいざという手元で開きたいというとき、iPhoneのDropboxアプリとServersManを使えば簡単にできます。

DropboxからURLをコピー

まず、Dropboxでコピーしたいファイルを選択し、URLをクリップボードへ転送します。


ServersManへコピー

次にServersManを起動し、保存したいディレクトリへ移動します。iPhoneをブルブルっと震わせるとメニューが出てきますので、”URLでダウンロード”を選びます。うまくいけばServersManへファイルがコピーされますので、いつでもそのファイルを見ることができます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です