auのiPhoneを選ばない理由

投稿者: | 10/12/2011

正確にはCDMA2000になりますが、iPhoneをヘビーに使いたい人にはオススメしません。

iPhoneはandroidと違って、バックグラウンドでアプリを動かすにはかなり制限され、通信か音楽、GPSを扱うものしか許可されません。

いずれにしてもシステムに、ぼくのアプリはこれこれを使うからあとよろしくね、とシステムに預ける形でアプリは停止、もしくは終了してしまいます。

じゃ、どうするかというと、たとえば通信の場合、データが流れたらアプリを起こしてくれるようになっていて、それによりアプリは活動を再開します。

通信がきれた場合も再接続に行きます。

CDMA2000の場合、電話とインターネットが両立できないので、skypeやradikoといったアプリは軒並み切断されてしまいます。動画ダウンローダーのようなものを使っていた場合も同様で、もしかしたら最初からやり直しになるかもしれません。

株やオンラインゲームにも影響があるかもしれません。

最後に、Androidではこのインターネットと電話の切り替えにシステムに負荷がかかるのかすごい時間がかかり、電話はろくに使えたものではありませんでした。泥棒や火事をみても通報できなかったでしょう。

電話中にメールや地図を調べたりも出来ません。メールはともかく地図をみながら電話というシーンは割とあるのではないでしょうか。

iPhoneは上述の通りシステムが管理してるので、まだマトモだと思いたいですが、SBMより電波がよいと言われようとやはりauは選択肢にいれることは出来ませんでした。auを選ぶ人は気をつけてください。

Posted from するぷろ

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です